当店について

日本の伝統 “寿司” を缶詰に。

「シャリ缶」を世界に広めたい!

壽圭(株)代表の松川と申します。

私は2012年3月14日、大阪ミナミに「すし松」をオープンしました。
今年8周年を迎えた矢先、コロナウイルスが日本を、飲食業界を襲い
当店も例にもれず売上は激減。度重なる自粛要請と、家賃120万の支払いに耐えることができず
2020年6月、泣く泣く「すし松」を閉店いたしました。

実は、すし松が閉店する1年程前より、ある計画に着手していました。

ここのところ毎年のように起きてしまう天候被害、頻発する地震。
それらの被災地をニュースで見て、被災地での食料事情を知りました。

そこで伝えられていたのは
「普段食べ慣れていない防災食が口に合わない」
「お湯や水、レンジで調理するものはいざという時に食べられない」という声でした。

あと何と言っても「大変な時ほど美味しいものが体力、気力を向上させる」ということです。

食に携わる身として、この問題点に何かアクション出来ないか、と考えました。

苦しい時こそ美味しいものを届けたい

日本の伝統食であり、当時のすし松自慢の「シャリ」を缶詰にしようと動き始めました。

北は青森から南は四国まで、たくさんの缶詰工場に製造の相談をしました。
試作もたくさん作りましたが、そこで知ったことは、白米を缶詰にすることは不可能だという事。
白米の成分が過熱殺菌する過程でアルファ化してしまい、カチカチのお米になってしまうのです。
諦めかけた時に、やっと想いを形にしてくれる工場と出会い、白米ではなく「もち麦」を使用したシャリ缶が完成したのです。

何度も試作を重ね、工場の皆様に多大なお力を借りてできあがったこの「シャリ缶」をどうにか多くの方に召し上がって頂きたいと思っております。